絵本や絵や詩

『ある日、オリーブの丘で』(楽譜集/表紙・挿し絵)

作曲家の樹原涼子氏、轟千尋氏、春畑セロリ氏、3名が、「ムジカノーヴァ」で、1年間、連載していた曲を物語。連載のときの挿絵はペン画で描いたのですが、絵を改めて描きなおし、2021年10月に音楽之友社より刊行されました。ピアノを弾ける方は演奏で、ピアノを弾かない方は朗読で参加できるのが、この本のいいところだなあと、ピアノを弾けない(ほ~んのちょっとだけポロンポロン触るのは好き)私は思います。

ある日オリーブの丘で表紙

絵本『おむすびにんじゃのおむすびぽん』

(本間ちひろ作・絵/土井善晴監修/リーブル)

おむすび忍者と一緒に、昔ながらのおむすびをつくろう! 料理研究家の土井善晴先生に、たくさんお話を伺って、丁寧につくった絵本です。

『おむすびにんじゃのおむすびぽん』

絵本『おむすびにんじゃのおいしいごはん』

(本間ちひろ作・絵/土井善晴監修/リーブル)

料理研究家の土井善晴先生に、火で炊くご飯の作り方とおいしさを教えていただいて、できた絵本です。火でご飯を炊く、それだけでもう、十分楽しくて、ごちそうなので、ぜひぜひです。

『おむすびにんじゃのおいしいごはん』

絵本『ふたりのたからもの』

(山本優介 文/本間ちひろ 絵/西村書店)

ハーバルセラピストでもある山本優介さんの詩が絵本になりました。素敵な春の香りに出会っていただけたら、嬉しいな。そう思いながら、絵を描きました。

ふたりのたからもの
『ふたりのたからもの』

絵本『ファーブル―昆虫とともに生きる (絵本版新こども伝記ものがたり)』 

(山本省三 著/ほんまちひろ 絵/チャイルド本社)

ファーブル、、、この絵本の絵を描くにあたり、いろいろ読んで想いをはせましたが、、、、ファ―ブル大好きで尊敬しています。

ファ―ブル絵本表紙
『ファーブル―昆虫とともに生きる 』